青汁VSグリーンスムージー どちらが健康に良い?

青汁とグリーンスムージー

そもそも青汁とグリーンスムージーって何が違う?

グリーンスムージーと青汁は同じようなものだと思っている人は意外と多いですが、実は全く違います。青汁はケールやゴーヤなどの野菜を使用した飲み物ですが、グリーンスムージーは野菜にさらにフルーツを入れて作ります。フルーツを入れることで飲みやすくなり、野菜だけでは摂取できないビタミンなども取り入れることができます。
野菜だけで作る青汁より、フルーツも混ぜて作るグリーンスムージーの方がコストはかかってしまいますが、飲みやすさでいうとフルーツも入っているグリーンスムージーに軍配があがります。特に「野菜が嫌い」「葉っぱ臭い、青臭いと飲めない」という人は青汁よりもグリーンスムージーの方が飲みやすく、続きやすいのではないでしょうか。

青汁とグリーンスムージーの実際の効果とは

青汁もグリーンスムージーも生の野菜がたっぷり含まれているので、日頃から野菜不足を感じている人や野菜を手軽に大量に摂取したいという人にはどちらもおすすめではありますが、青汁やグリーンスムージーの効果に違いはあるのでしょうか。
青汁もグリーンスムージーも便秘解消や健康維持、ダイエットなどに効果はあります。しかしグリーンスムージーの場合は野菜だけでなくフルーツをふんだんに入れることができます。そのためフルーツに含まれるビタミンなどの栄養素が肌の調子を整えてくれるので、青汁よりも美肌効果があると考えられます。青汁を飲むと肌の調子が悪くなるというわけではありませんが、より肌の調子を良く、美しい肌にと考えている人は青汁よりもグリーンスムージーの効果に期待ができます。

飲みやすいグリーンスムージーが続けやすく、健康にも良い!

ひと昔前はグリーンスムージーなんていうものはまだ認められていなかったため、健康に良い飲み物といったら青汁!というイメージもあったかと思います。しかし現在はグリーンスムージーは人気もあり、美容に興味がある女性なら飲んだことがある人がほとんどです。たとえ飲んだことがなくても名前は知っているという人、飲んでみたいと思っている人ばかり。
また、どれだけ健康に良いとされていても続かなければ意味がありません。味はもちろん、コンビニやスーパーなどでも手に入れられるようになったグリーンスムージーは、特に健康に良い飲み物として紹介されることも多くなりました。確かに青汁も健康には良いですが、より多くの栄養素が含まれていて、なおかつ青汁より飲みやすいグリーンスムージーの方が続けやすいので効果を持続させやすいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲