グリーンスムージーの専門家に伺いました!

中村先生

グリーンスムージーをブームの前から注目していた方にインタビュー

グリーンスムージーを個人的に研究して、ブログ等をかかれている中村由美子先生にグリーンスムージーの効能についてお話をお伺いしました。

中村由美子先生プロフィール大学卒業後、広告関係の業界で働く。ストレスにより体調を崩し、オーガニック、ローフードの研究をつづけ、オリジナルレシピ等を作成。友人や知人からの支持を得てローフードクッキング教室も開催中!

グリーンスムージーの効果や効能、飲み方について

グリーンスムージーはアメリカで発祥しました。日本でも人気となったのは緑の野菜と果物を一緒に摂取することでとてもおいしく楽しく、簡単にビタミンやミネラルを摂取できることから人々にひろまり、ハリウッド女優がパパラッチに写真撮影された際に飲んでいたことも話題になって人気が出てきた飲み物です。
1日に人間が必要な緑黄色野菜の摂取量は350グラム以上もあるのです!この量を食べ続けることは難しいですよね。『平成17年国民健康・栄養調査』(厚生労働省)の報告によると、20~40代においては約100gも目標値の量の野菜を摂取できていないんです。
ダイエット中
野菜には既に誰もがご存じのように、ビタミン、ミネラル、カリウム、酵素が含まれており、身体づくりにとって非常に重要な要素です。
がしかし、ダイエットだからといって、グリーンスムージーしか食べないという生活を長く続けるのは控えて頂きたいと思います。ダイエットをグリーンスムージーで行うのであれば、たとえば飲み方は朝食はしっかり食べて、昼と夜をスムージーにしたり、あるいは朝食と昼食は普通の食事をしっかりと食べて夜はグリーンスムージーにするといった摂取の仕方にしてください。グリーンスムージーは栄養素が高いとはいえ流動食です。咀嚼により脳が活性化する作用や満腹中枢を刺激したりセロトニンを発生させたりといった人間に必要な機能を働かせる必要もありますから流動食を長く続けるということはできれば控えて頂きたいのです。2~3日の断食ダイエットで短期間であれば問題ないとは思いますが長期間にわたるのであればできれば最低1食は噛んで食べる食べ物を食べてほしいと思います。

メリットもあればデメリットもあるグリーンスムージーですから、是非高い効果が得られる飲み方で飲んで頂きたいなと思っています。
先生もオススメしているグリーンスムージー本もチェック!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲