スムージーのレシピ

果物

グリーンスムージーを美味しく飲むためのレシピを紹介します。

サイト管理人が実際につくって試しておいしかったものを紹介しています。
※今回ここでのレシピは、粉末タイプのグリーンスムージーを使ってのレシピの紹介です。

レシピ1:炭酸水で割って飲む!

意外と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、グリーンスムージーまたはレッドスムージーの粉末を炭酸水で溶かします。意外とちゃんと溶けますよ♪ この時使う炭酸水は0キロカロリーの炭酸水の方がカロリー摂取にならないのでよいです。 スムージーはマンゴー味だったりオレンジ風味だったりするので、炭酸水と混ぜるとスッキリした味になります。夏の暑い日や、外出から帰ってきた後に飲むとビールよりはるかに美味しく栄養があるので気分もとてもよくなります。

レシピ2:ヨーグルトを混ぜてヨーグルトスムージーに!

ヨーグルト

粉末タイプを使えば、ミキサーを使わなくてもヨーグルトスムージーは簡単に作ることができます!ビタミン・ミネラル・アミノ酸など栄養素がたっぷりのスムージーに、さらにヨーグルトを加えれば美味しい上に腸で働く乳酸菌がとれるので一石二鳥です。置き換えダイエットではなく、簡単な栄養補給ドリンクとしてはナチュラルで効果がいいとされており、人気上昇中。グリーンスムージーダイエットを始めたら、必ず一度は試して頂きたいレシピです!

ヨーグルトスムージーのつくり方

必要な材料
ヨーグルト(無糖のものがベター)200g
牛乳100ml
グリーンスムージー粉末(アサイースムージーでも可)大さじ2杯程度

つくり方は超簡単!
まず牛乳に、グリーンスムージー粉末またはアサイースムージーの粉末を混ぜて溶かします。※このときは各メーカーのグリーンスムージーが水100ml~200mlに対して、どれくらいの量を溶かしたらいいか説明書きにあると思うので、溶ける範囲で溶かす方が良いでしょう。
牛乳にスムージーの粉が溶かし終わったら、あとはヨーグルトをスムージーにかき混ぜれば完成です!もし甘味が足りなくてどうしても飲めないとなった場合は、ローカロリーのシロップを本の少しだけ加えてみると良いと思います!

レシピ3:レンジでチン!冬でもあったかグリーンスムージー

電子レンジでチン

グリーンスムージーダイエットを続けるうえでツラいのが、冬の朝の食事だと思います。起き抜けに冷たいドリンクを飲むなんて…とだんだんサボりがちになり、春・夏・秋と順調に痩せていったのに冬にまんまとリバウンドしてしまった人も少なくないはず。そんな冬の寒い時期にオススメしたいのがあったかグリーンスムージーです!

あったかグリーンスムージーのつくり方

必要な材料
バナナ1/2本
無調整豆乳(または牛乳)70ml
グリーンスムージー粉末大さじ2杯程度

バナナを少し使いますがミキサーは使いません!シェイカーに半分バナナを入れたら、フォークで潰しちゃいましょう。多少大きくてもゴロっと感があって飲みごたえが出ます! 残りの材料を入れたらシェイクして混ぜます。その後マグカップなどに移して電子レンジで約2分。
このレシピのおかげで管理人は冬もグリーンスムージーダイエットを続けることができました!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲