グリーンスムージーの効果的な飲み方

スムージーと野菜

いつどうやって飲めばいいのか?

大流行のグリーンスムージーダイエットですが、
飲むタイミングや量はどうすればいいのか?という質問を多くいただいたので、実際にやってみて効果的だった飲み方を紹介します。
まずは飲むタイミング
飲むタイミングとしてもっともいいのは、お腹がすいているとき!です。「ベジタブルファースト」といって、食野の前に野菜をとると血糖値が上がりにくく太りにくくなるため良しとされているような考え方がありますが、それにも似ています。
グリーンスムージーでのダイエットについて

どれくらいの量を飲めばよい?

ファスティングや置き換えでグリーンスムージーを飲む場合と、栄養補給として飲む場合とではの無料も変わってきます。下記に、ファスティングの場合、置き換えダイエットの場合、栄養補給の場合と3つに分けてご説明します。

ファスティングダイエットでスムージーを飲む場合

1日1リットル~2リットル飲むのが最も良いと思います。
たいていの場合、グリーンスムージーのコップ一杯の量は200mlとされているところが多いでしょう。
1日1リットルと聞くと多い気がするかもしれませんが、ファスティングダイエット(断食ダイエット)で何も食べないのだから最低5回コップに入れて飲むと終わりなので1リットルでは逆に少なく感じるくらいだと思います。
栄養もとてもありますし、食物繊維が多く含まれているタイプのグリーンスムージーを選べば、便秘の心配もないので沢山飲んでも安心です!

置き換えダイエットで飲む場合

夕食をグリーンスムージーで置き換える、など1日1食程度を置き換える場合はだいたい1杯~2杯程度が良いでしょう。
寝る直前にグリーンスムージーを飲むのは避けた方がいいと思います。栄養素が高くヘルシーとはいえ、寝る直前は禁物です。最低でも眠る1時間前に飲みましょう。

栄養補給として飲む場合

栄養補給として飲む場合は、朝ごはんのかわりにグリーンスムージーを飲むと良いでしょう。または、昼、夜の食事をとる直前にグリーンスムージーを飲んでおき、飲んだ後に食事をするようにすると、満腹感が得られるため食べ過ぎの心配はないですし栄養価も高く便秘になりにくい食生活ができるのでとても健康に良いですよ。
朝ごはんにグリーンスムージーを加えただけで1か月で3キロ程度痩せたという口コミもあったので、栄養補給として飲んでいながらダイエット効果も期待できます!

ダイエットをしやすいグリーンベリースムージー

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲