グリーンスムージーの栄養価は使う野菜によって違う

栄養価

グリーンスムージーを作るときは材料となる野菜に注目しよう!

栄養価が高く、健康に良いと言われるグリーンスムージーですが、使う野菜によって栄養価が変わってきます。ただ好きな野菜や果物を組み合わせてミキサーにかけるだけでも、ビタミンやミネラル、食物繊維などは豊富に摂取できますが、より健康に良い、栄養価の高いグリーンスムージーを作ろうと考えているのであれば材料となる野菜や果物の組み合わせが非常に重要になってきます。

より栄養価の高いグリーンスムージーを作るには?

グリーンスムージーの栄養価を高いものにするのなら、まずは葉野菜をたくさんいれましょう。しかし葉野菜だけでは味が悪く、青臭いと飲みにくいので果物も入れていくのですが、ここで栄養価を高くするポイントとして「果物は皮ごと使うこと」があげられます。特にりんごやキウイ、いちじく、まんごー、プルーンなど皮のやわらかいものはそのまま入れることで栄養価の高いスムージーができあがります。実は皮のすぐ下の部分は栄養価が一番高い部分です。皮を剥いて栄養価の高い部分を取り除いてしまうのはもったいない!できるだけ皮ごと、丸ごと、と意識して入れることでより食物繊維や酵素が豊富な高い栄養価のグリーンスムージーを作ることができますよ。

こんな野菜はグリーンスムージーには不向き!

グリーンスムージーという名前がついていても、グリーンの野菜なら何でもいいというわけではありません。特にグリーンスムージーに入れがちで実は入れない方がいいと言われている野菜はキャベツやにんじん、白菜、オクラなど。ダイエットに良いと言われているブロッコリーの茎などもあまり良くありません。これらを入れるとなぜいけないのかというと、実はお腹の中にガスが溜まりやすくなってしまうためなのです。ガスが発生すると腸内環境があまりよくならないので、せっかくグリーンスムージーを飲んでいるのに栄養を上手に摂取しにくくなってしまいます。無理にガスを発生させてしまうようなことのないように、なるべくでんぷん質の野菜は入れないようにするといいでしょう。
また、アボカドやマンゴーをたくさん使ったスムージーは脂分や糖分が高く、それだけカロリーの高いものになってしまいます。健康に良いとはいっても、使う野菜によって栄養価にかなり違いが出てきます。野菜や果物の栄養をよくチェックしてスムージーを作るとさらに身体に良いものができあがりそうですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲