栄養補給として

グリーンスムージー写真

ダイエット中以外でも栄養補給として飲んでみよう!

朝ごはんはきちんと食べていますか?

時間がない朝でも、ビタミン・ミネラルが豊富な朝ごはんを食べると食べないのでは基礎代謝が違ってくるためアンチエイジング効果だって期待できます!
朝ごはんをグリーンスムージーに置き換えなくても、加えるだけでも十分栄養を摂取することができます。特に、暑い夏の時期などは食欲もなくなることが多いですが、無理やりおにぎりやパン等を一口頬張ったり、コンビニでチキンやアメリカンドッグをさっと食べたりするよりもグリーンスムージーの方が負担もなく摂取することができます!また、野菜ジュースなどよりもかなりの栄養素が多く摂取することができます!

グリーンスムージーを栄養補給として飲むならば、夕食の前にもぴったりですよ。お腹がすいているときに、ドカ食いしないように気を付けるためには、グリーンスムージーを食事の前に一杯飲んでおくとかなり違います。野菜ジュースと違ってそこそこお腹に貯まりますし、野菜を摂取することで血糖値の急激な上昇も防止する効果もあります。なぜ血糖値の急激な上昇を避けたいかというと、太るリスクが高くなってしまうからです。短時間で多く糖が体内に入ってくると、インスリン(すい臓から出る体内ホルモンの一種。血糖値を下げてくれるほぼ唯一のホルモン)の処理が追いつかず、処理できなかった糖は脂肪として蓄えられてしまうのです。
夕食にお肉もご飯も食べたい!という時、食べ始める前にグリーンスムージーを飲むだけで肥満効果を抑制できるなんて凄いですよね。しかも粉末タイプのグリーンスムージーであれば、シェイカーとお水だけで出来てしまいますので、手をわずらわせることがありません。

生姜
栄養補給として飲む際に冷え性の方はスムージーの中にほんの少しすりつぶしたしょうがを入れてみるのも良いでしょう。手間をかける時間がなさそうであれば、チューブタイプの100円程で売っているすりおろし生姜を2cm~3cm程度でいいので入れてみるのも良いでしょう。有名な話ですが生姜は身体を温める効果が高いので、冷え対策になります。夏の冷房で足が冷えている方などにはちょうど良い飲み物となってくれるでしょう!

朝食や、夕食・昼食を食べる前の1杯に是非とりいれて栄養補給をしてみてほしいです!
1ヶ月も続ければ身体に何かしらの変化が見えると思います!(個人差がございます)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ▲