グリーンスムージーで置き換えダイエットを行う際の注意点

置き換えし過ぎない

置き換えダイエットの最も注意しなければならないのは、断食との区別をきっちりつける!ということです。置き換えダイエット中、たとえば夕食を置き換えダイエットで1ヶ月過ごそうとしている際に「今日はお昼なしでスムージーだけにしよう!」と急に思い立ってスムージーに置き換えたりしていませんか?これでは身体のリズムが崩れてしまいます。断食は断食できちんとやらなければ、リズムを崩してしまうと、より多く栄養素を吸収しようという身体の働きが起こってしまい逆に糖分などを多く摂取してしまう可能性もあります。筋肉は継続してスポーツ等をしなければついていきませんよね?それと同じでダイエットも突発的に何かするよりも継続して行う方が効果的なのです。急激に痩せればリバウンドの心配や、皮だるみの心配がついてまわりますから、できるだけ中長期的にみてダイエットをコツコツと続けることを推奨します。

グリーンスムージーは栄養補給にピッタリの飲み物

元気に痩せる方が良いグリーンスムージーは栄養素としてフレッシュで優秀ですのでどちらかというと断食よりも置き換えダイエットに向いています。置き換えダイエットとしてグリーンスムージーを飲むときは、栄養補助としての役割も大きく果たしてくれるので無理をしてグリーンスムージーしか飲まないという状況にせず、一食か二食の置き換えでトライしましょう。
1日に1度はお肉やお魚、炭水化物(お米やパン・パスタ等)を食べるようにした方が体には良いと思います。置き換えをしすぎて断食にならないようにすることがグリーンスムージーで置き換えダイエットを行う1番の注意点です。

【グリーンスムージー摂取量の注意点】1日何リットル飲むのがOKだと思いますか?

グリーンスムージー
正解は1日1リットル~2リットルの摂取が最適なんです。しかもそれを何度かに分けて飲むことがとても重要になってきます。1日に何度もスムージーを飲んでいると、お腹もそれなりに一杯になっていきますから、食事の量も減り、とても効率的です。
また、グリーンスムージーを摂取する際には、前後30分以上は何も食べていない状態がベターです。胃の中が出来る限り何もない方が身体が吸収しやすくなっているためです。最近はスムージーを購入すると、タンブラーがついてくる場合が殆どですし、カウチパックになっているタイプの青汁のようなグリーンスムージーの粉末も売られている場合がありますから是非試して頂きたいと思います。
どんなかたちになっているスムージーでも味が良くないと飲むのが大変ですから、できる限り美味しいグリーンスムージーを購入する方が良いということもいえます。

グリーンスムージーを飲み過ぎるとどうなる?

飲み過ぎたからといって悪い点はありません。ときに、グリーンスムージーを飲み過ぎて太ったという方がいらっしゃいますが、基本的には糖分を摂取することになりますから食事にプラスしてスムージーを飲んでいるとカロリー過多になってしまい太ることもあるかもしれませんが、砂糖で太るよりもずっと健康的であるといえるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

NEW エントリー

PAGE TOP ▲