グリーンスムージーって?

グリーンスムージー

今、ハリウッド女優や、日本のタレントの間で大ブームとなっている「グリーンスムージー」や「酵素スムージー」。
これは本当に痩せる効果があるのか?
当サイト管理人が、「口コミ」や「体験談」を集めてダイエット食品であるグリーンスムージー&酵素スムージーを調査しました!グリーンスムージーについての考察をまとめます!

グリーンスムージーはなぜ人気?

写真

グリーンスムージーの広告は、今、電車の中でも見つける位に人気があります。こんなに人気が出てきたのはなぜでしょうか?
発端は、アメリカです。ハリウッド女優が健康のために飲んでいるということで話題になり、最初日本ではグリーンスムージーをつくるためのミキサーの通信販売で知られるようになりました。野菜を手軽に摂取できるのでお手軽で人気が出て、日本でもたくさんのレシピ本ができ、薬局や通信販売でグリーンスムージーやスムージーの粉末タイプが取り扱われるようになってきたのです。

グリーンスムージー通販ランキング

人気のグリーンスムージーをランキングにまとめました!

1位
ミネラル酵素グリーンスムージー

総合評価5
  • マンゴー味で飲みやすく女性に大人気!
  • 1食分なんと約23kcal!
ミネラル酵素グリーンスムージー
内容量 現在価格 Kcal/1回 1回のコスト 摂取可能回数
(1袋あたり)
200g 2,458円 約23kcal 82円 30回
商品の詳細はコチラ

2位
グリーンベリースムージー

総合評価4.5
  • コラーゲンが4種類、プラセンタが3種類も配合!
  • 置き換えダイエットにオススメ!
グリーンベリースムージー
内容量 現在価格 Kcal/1回 1回のコスト 摂取可能回数
(1袋あたり)
300g 2,700円 約78kcal 160円 17回
商品の詳細はコチラ

3位
アサイーコラーゲンスムージー(酵素MIX)

総合評価4.0
  • 初回購入がなんと半額!
  • 酵素成分や乳酸菌、コラーゲンも配合!
アサイーコラーゲンスムージー(酵素MIX)
内容量 現在価格 Kcal/1回 1回のコスト 摂取可能回数
(1袋あたり)
200g 1,470円
(初回のみ半額・通常2,940円)
約46kcal 44円(初回購入以降90円) 33回
商品の詳細はコチラ

4位
ベジーデル酵素スムージー

総合評価3.5
  • 青汁と同じ大麦大葉を使用!
  • グルコマンナン成分が水で膨らむので腹持ちが良い!
ベジーデル酵素スムージー
内容量 現在価格 Kcal/1回 1回のコスト 摂取可能回数
(1袋あたり)
200g 2,376円 約98kcal 119円 20回
商品の詳細はコチラ

5位
ベジエグリーン酵素スムージー

総合評価3.0
  • 一袋にコラーゲン200㎎、プラセンタ2,000mg配合!
  • 美容、健康維持のために!
ベジエグリーン酵素スムージー
内容量 現在価格 Kcal/1回 1回のコスト 摂取可能回数
(1袋あたり)
200g 1,886円 58kcal 約99円 10回~20回
商品の詳細はコチラ

グリーンスムージーはファスティングダイエットに向いている?

ダイエット

グリーンスムージーはファスティングよりも栄養補給として飲まれることが多いです。
酵素ドリンク等のファスティングダイエット用につくられた品ではありません。ダイエットの効果がえられるのは野菜を多く摂取することで血糖値の急上昇を防止したり、食前にグリーンスムージーを飲むことで満腹感を得られたりするために食事の量が減り、ダイエット効果となっていることがほとんどなのです。
無理なく食事にプラスすることで得られるダイエット効果はグリーンスムージーが1番良いとも言われています。

何に効果があるのか?

美肌効果がある!と多くの口コミや雑誌等で紹介されています。グリーンスムージーで美肌効果が感じられるのは当然なのです。美容のためにはお肉やファーストフードばかり食べずに野菜を食べましょう!ということは、誰もが認識していることです。それが理に適ってくるので当然美肌効果は出てくるでしょう。野菜にプラスして果物までもスムージーとして混ぜて飲んでしまえばビタミンミネラルをたっぷり摂取できるので悪いことはなにもないのです。

グリーンスムージーで注意すること

NGグリーンスムージーを飲むときに注意しなければならないのは、自分でスムージーを作る際に根菜類は絶対に含めない!ということ。でんぷん質は特にフルーツとの食べ合わせが悪く、お腹の中でガスが発生しやすくなります。混ぜる人はいないと思いますが、イモ類等は絶対にダメです。野菜で入れてしまいがちなでんぷん質が多い野菜は、ズッキーニ、キャベツ、オクラ等です。緑色だと大丈夫!と思って入れてしまいそうですが、意外にでんぷん質が多いので入れないように気を付けてください。

体の冷えにも注意

生の野菜や果物を摂取するとどうしても体が冷えやすくなってしまいます。使用する果物を、冷蔵庫で冷やしすぎず、果物の状態を見てなるべく常温でおくのがおすすめです。暑い夏だからといってグリーンスムージーを氷でキンキンに冷やすのもあまりよろしくありません。

無理せず体調と相談しながら

「ダイエットだから毎日飲まなきゃ!」と無理してはいけません。女性は月経もありますし、ホルモンバランスにも波があり、体温だって周期に合わせて変化します。また、生の野菜を摂るわけですから、加熱調理した食品よりも多くの消化エネルギーが必要になります。「今日は胃腸の調子が良くないけど、健康のためだし…」と、体調が思わしくないのにそこで無理をしてしまうと悪循環になってしまいます。

手作りスムージーと通販で買うスムージーの違いとは

手軽で安く栄養がとれる粉末タイプのグリーンスムージー。グリーンスムージーとは、野菜と果物の複数を水か氷とあわせてミキサーにかけてつくるものをいいます。手作りのグリーンスムージーですと新鮮さを味わえますし生野菜や生フルーツを食べるのと同様の栄養素を手軽にとることができます。
がしかし、野菜や果物を何種類も買ってきて混ぜ合わせるのはコストがかかります。沢山買ってきても全部混ぜられるわけではないですし、お勤め中の方は野菜が出先で飲むことができず生野菜や果物を腐らせてしまうのではないでしょうか。ミキサーも刃に削りカスがひっかかったりするので洗うのもちょっと大変だったりします。こういった手間があることと、手軽に栄養素がとれることから通販による水や牛乳に溶かすだけで栄養素がとれるスムージーが人気なのです。お茶や青汁のように粉末状になっているのにおいしく、青汁以上の栄養素がとれることで人気です。 味は生野菜で作って失敗して美味しくなくなることもないので安心で手軽です。

ベジタブルファーストで体の糖質吸収を抑える

身体食べる順番で血糖値への影響が変わります!食後に血糖値が急上昇する食後の高血糖とよばれる現象は肥満のもとです。また肥満だけでなく糖尿病のもととなるとも言われています。血糖値の上昇を防ぎたくても、食事の後はどうしても血糖値は上がってしまいますので、これを防ぐためには血糖値を急上昇させないように食事をする必要があります。
血糖値を急上昇させないで食事するこつは、食事の最初に野菜・きのこ類の食物繊維やミネラルが多いものを食べるということです。野菜に含まれる食物繊維は消化の際に糖質を増やそうとする働きや、食べたものの吸収を抑える働きがあるため、食事の前に野菜類を食べておくと太りにくくなるのです。太りにくい体質にするために食事の前に野菜を食べようということをベジタブルファーストと呼ばれています。グリーンスムージーはダイエット中以外に、ダイエットをお休みするときにも食事の前に飲む用にすると脂肪の吸収を抑える効果を期待できます。

グリーンスムージーダイエット成功のコツ

POINT1:朝食を抜かないでグリーンスムージーに
ダイエット中に断食をしたりするとお腹がすいて仕方ないと思いますが、グリーンスムージーなら普通のドリンクよりはある程度重みがあるので腹もちします。仕事や学校がある平日もダイエットするなら、食べないことで体力が落ちることを防ぐこともできるので、朝食は抜かずにグリーンスムージーにするとお腹がすいて仕方なくもなりにくいので良いですよ。
POINT2:水分もたくさん摂取すること
グリーンスムージーダイエット中は、水分もたくさんとるようにしましょう。お水(ミネラルウォーターを推奨)を沢山飲むことで代謝が良くなるといわれています。コントレックスなどの硬水をたくさん飲むようにすると、むくみも取れて良かったという口コミもありました!
POINT3:お腹がすき過ぎた時はヨーグルトにグリーンスムージーを混ぜて我慢!
グリーンスムージーで置き換えダイエットやファスティングダイエットを行った場合、お腹がすき過ぎて我慢できなくなりそうな時もあると思います。そんな時は無糖ヨーグルトとグリーンスムージーの粉末を混ぜて食べると空腹が和らぐし、乳酸菌も摂取できてヘルシーです。
※ファスティング中にヨーグルトと混ぜる場合は、無糖タイプのヨーグルトにされることをお勧めします。

グリーンスムージーの魅力は無理なく続けられるところ

ダイエットブームの隆盛

いろいろなダイエット方法がメディアで取り上げられ、ブームになっては消えていっていますよね。リンゴダイエットや、キャベツダイエット、にがりダイエットなんていうのもありました。
何を隠そう当サイトの管理人も、にがりダイエットがブームになった2000年代初頭、このダイエット方法にとびついてトライしました。2ヶ月ほどで体重は数キロ落ちたものの、お腹周りの脂肪は減りませんし、肌荒れも頻繁に起こるように…。
実はこの体重が減ったという仕組み、お通じが解消されたというより、にがりの成分・塩化マグネシウムによって下痢を強制的に起していただけだったようなのです。
さらにこの下剤成分、ビタミンやミネラルの吸収を邪魔してしまう影響もあるようで、長期で続けると重大な健康被害を及ぼす恐れがあるとのことでした。
「体重を減らしたい!」という数字だけに固執したダイエット方法は、結果的に自分の体をボロボロにしてしまうのです。管理人も身をもって感じました。

グリーンスムージーとの出会い

我慢・我慢のダイエット方法を渡り歩いた結果、免疫力が落ち、私は病気がちになってしまいました。もともと偏った食生活で、栄養のことなんてまったく考えていなかったのですから自業自得ですね…。
ある時、女優の優香さんが表紙を飾っていた雑誌FRaU (フラウ)が目に入りました。特集は『新しい痩せ方』。どうせまた「○○だけ生活」とか、ストイックなダイエット方法なんじゃないの、と思ってしまいました。しかし、読み進めてびっくり。紹介されていたグリーンスムージーは見た目も鮮やかで、ヨーグルトと混ぜたりベリーを混ぜたりと色んなレシピがあって、すぐに試してみたくなりました。
「これを飲めば痩せられる!」というより先に「おいしそう、飲んでみたい!」という気持ちが強く湧いたのです。

簡単に始められる粉末グリーンスムージー

本格的なグリーンスムージーは新鮮な野菜やフルーツを揃えたり、それを混ぜ合わせるブレンダ―を購入したりしなければなりません。ですがもっとお手軽に始めたかった私に、ぴったりのものがありました。粉末グリーンスムージーです!
粉末グリーンスムージーと水、あとはシェイカーさえあれば栄養たっぷりのグリーンスムージーができてしまうのは感動でした。普段忙しく、食事がおろそかだったため栄養補給としてもぴったりの存在でした。

青汁となにが違う?

「グリーンスムージーと青汁、一緒じゃないの?青汁がまずかったからグリーンスムージーは試したことないよ」という方がいらっしゃいました。実際に試してみて口に合わなかった…ということであれば無理におすすめはしませんが、青汁と同じだろうという先入観のせいで試したことがないのなら、とてももったいないことです!

グリーンスムージーはフルーツたっぷり

グリーンスムージーと青汁の一番大きな違いは、やはりグリーンスムージーはフルーツを入れて作っている点でしょう。青汁で主に使っている野菜はケール、明日葉、大麦若葉で、グリーンスムージーで主に使っている野菜はほうれん草や小松菜など、どちらも似たような葉野菜を使っているのですが、青汁は基本的にフルーツを使いません。葉野菜が凝縮された味なので、どうしても苦手と感じる人が多いようです。
それに対してグリーンスムージーはイチゴやアサイー、ブルーベリー、リンゴなどお好みのフルーツを混ぜて作りますので、香りがとても良く、甘みが感じられるのです。
いちご

グリーンスムージーには糖質がある

栄養素的に分析してみて、青汁には無くてグリーンスムージーにはあるもの、それは糖質です。糖質が含まれていることでどんな効果があるのでしょうか?
実はこの糖質のおかげで舌が満足感を得られ、間食を抑えやすくできるそうです。私は仕事で疲れるとついついチョコレートやキャンディを頬張ってしまう癖があったのですが、グリーンスムージーを飲み始めてからは、お菓子の間食をすることがかなり減りました。やはりお腹だけでなく舌も満足させることが、ダイエットを続ける上で重要になってくると思います。この点でグリーンスムージーは、栄養素的にも味覚的にも非常に優秀と言えるでしょう。

グリーンスムージーが生まれたきっかけ

グリーンスムージーを考案したのは、ロシア(旧ソ連)生まれのヴィクトリア・ブーテンコさんという女性です。1990年に夫と3人のお子さんとでアメリカに移住します。1994年にローフード100%の食生活に切り替え、ご家族の健康障害や病気を完治させることに成功しました。ローフード(raw food)というのは、加工されていない生の食材を用いた食品や、食材をなるべく生の状態で摂取する食生活のことを指します。熱を加えることで失われがちなビタミンやミネラル、そして酵素を効率よく摂取できるのが魅力です。
ローフードのパワーを感じたブーテンコさんはさらに独自の研究を進めたそうです。そして生まれたのがグリーンスムージーでした。
「痩せたい!」というダイエット願望ではなく、「家族を健康にしたい!」という想いから生まれたという点が、世界中で支持されている理由なのではないでしょうか。

NEW エントリー

PAGE TOP ▲